No.528【ふたつがひとつに重なる】

「光りの松明掲げる者」

彼女と出逢う以前から私は『光り』を掲げる者に成りたいと常々思ってきた訳で 彼女の詩の一節に“2つの光りがひとつに重なった 此れは天から差し込む希望の光り”とあり 此処で見られる光りの描写は彼女も又『光り』を掲げる者 或いは其れを目指す意思を持っている者と認識出来ます。

上記の詩中 “2つの光りがひとつに重なった~”は私と彼女 即ちツインソウルのキミとの出逢いを表しているものと思われます。

此の様に 彼女が今まで書いた詩の謎の部分が次第に解明されていくのは面白いコトであります。

さて 彼女の『希望の光り』とは どの様な希望を指しているのでしょうか。

****************************
(私の心に浮かび上がり始めたフィーリング)
・私の奥底に燃える パワフルな炎は何のため?
・不明だが何かしなくちゃいけないコトがある様な気がする。