No.499【ボクの不思議】

「光りを観た日」

ボクの不思議の始まりはね 此の地上に生まれた日からだよ。

前に書いたけど 生まれた時の記憶が有るんだ 普通生まれたての赤ん坊は目が見えないって云うけど ボクには観えてたんだ・・生まれる瞬間の状況がね。

蒸し暑くて赤黒い とても窮屈なチューブを押し出されたんだ 其の時に誰かの声がしたんだ『こっちだ』ってね そしてボクは外に出たのさ。

ボクは一寸変わった赤ん坊で ハイハイすることなく二本足で立って歩くようになったんだよ 勿論初めて自力で立ち上がった時の記憶もあるよ。

此の二つはついさっきのコトみたい。

それからもズットボクの廻りでは色んな不思議が起こってたんだけど 転機になったのは中学生あたり(1973年頃)から始まった神霊体験でした。

今住んでる家 当時は新築で 昔からの畑を宅地にした分譲住宅だったんだけど夜になるとボクにだけ霊現象が起きたんだ。

誰も居ないのに誰かが階段をトントン登ってたり・・誰も見えないのにソファーがひとり分座ったみたいにミシミシ音をたてて沈み込んだり・・テーブル上のモノが独りでに動いたり・・壁に誰かが猛烈に体当たりしたり・・就眠時部屋に背の低い人影が観えたりした。

****************

当時のボクは酷い体罰(家庭内暴力の被害)を受けていて・・家族の誰もボクを守ってくれなくて毎日哀しい思いをしていました。

1973年と言えばツインソウルさんが此の世に生まれた頃でしたね 若しかしてアノ頃の霊現象はツインさんがボクを心配して “わたしはココに居るよ” と現れてくれてたのかな?

*****中略*****

高校生に成ってから 『光り』が見え始めました 真っ白で霊的なキラキラした光りの塊がね その頃からボクは『光り』に憧れはじめた 何時かボクも此の『光り』みたいに成りたいってね。

*****中略*****

そして 今は傍にツインソウルさんが居てくれて毎日が不思議の連続です。

昔観た『光り』の様に ふたり輝けたらいいね。

PS.
空飛ぶ円盤(UFO)は1968年頃から見始めて現在に至ってます。