第三百二十四編 【ツインソウル ピンクの天使さんへ】

「自由になればね」

夢なんて 無くてもいいじゃない
自由って
空っぽだから
素敵だね
今のボクにぴったり だからね 笑顔になれるね
夢に縛られると こころが暗くなるよ
ボクの夢は 明るい笑顔でキミと仲良しで居ること
だから 夢なんて 無くてもいいじゃない

夢は忘れてないよ
でも 夢に生きれば
夢なんて いらないもの

キミから離れ 近くて遠いココに居ることにしたよ
空っぽの自由が 一番寛げる
それでも ボクタチは 心繋がってるから
大丈夫 安心してね
小さな可愛い天使さん ○○○ちゃんへ