第二百八十一編 【ツインソウル 観えたよ】

「キミ達の空間」

嗚呼、、今日も雨降り、、、ジメジメしてて厭だね~ その代わりジメジメ大好きな虫達は嬉しそう。

、、、とか言う話は措いといて・・・。

御昼寝の入り端 観えたよキミのマンションルーム フローリング床の明るい照明の御部屋・・在れってキミ達の部屋だよね。

キミの視線で観える光景でしたからキミ自身は見えません だってキミとボクを繋げてる意識で観てるんだからね。

要するにキミとボクは一つってことさ。

キミと意識的に繋がり始めた頃は 映像は観えなくてキミの声だけが内側から聴こえてました でも何言ってんだか良く聞き取れなかったけどね そして今はキミの声は聴こえずに映像だけがハッキリ観えるように成ってきました。

キミの声は寝てる時じゃなくて 起きてるとき聴こえるよ でも喋り声じゃなくて唄が聴こえるんだ キミの可愛い唄声が何回も何回も内側から聴こえてくるんだよ。

例えば・・“言い訳するより 精一杯 今を生き抜こう♪~”とかね(^▽^)

ところで・・・・夜ひとりで居るとき 特に入眠時傍に来てくれるね キミの御蔭で寂しい思いをしなくて済んでいます 『ありがとう』