調べてみたら

そーなんだね

チャネリングについて調べてみました。
私のような通常意識下で自在に“相手”と話し合えるタイプのチャネリングは『コンシャスチャネル』と言うそうです。

これってやはりチャネリングだったのですね~。最初は単なる自問自答かと思ってたんですが、よくよく考えても自分の人格とは違う思考が出てきますから、自分とは違う“相手”なのでしょう。

その“相手”なのですが、いったい誰なのか判りません。

話し方からすると性別は「男性」ですね。ウエブ上に散見される資料によると大抵は自身のハイヤーセルフが“相手”らしいのですが?・・まー私にとっては誰でも良いわけです。

「何かスゲー神様が降りてきた!イエーイ!やったぜ~~!」
・・・なんて云うそんなドーデもイイ拘りは私にはありません。情報が理にかなっていれば良いだけです。・・・よく“此の星の人達”とか云うのが口癖だから、違う星系の方でしょうか?

詮索しても仕方なし、唯私にとっては頼もしく寛容に充ちた存在なのです。