目に見えても観ない理由は?

お寒いね
画像


ホームズ彗星が2日間で40万倍の明るさに変化したと各メディアで話題になっていますが、此れって太陽系附近で増大中の高波動域に彗星が侵入した為、核の波動周波数が上昇して塵等を外部へ通常よりも多量に放出しているのでは?と私は推測しています。

この太陽系宇宙空間に広がる高波動域に、現在太陽は其の殆どを侵入させているようで、かなり其の照度が増大しています。

20~30年前の太陽は僅かに黄色を帯びた輝きだったのですが、現在の太陽は白色の輝きとなり肉眼で直視するのは、もはや困難となっています。

この太陽の輝きの変化。皆さんお気付きでしょうか?

恥ずかしい話、我が家にて親に「太陽についての変化」を尋ねた処、即答で『興味が無い』と返されてしまいました。・・・・興味が無いって・・・orz。

此れからは益々、太陽系高波動域の波動周波数は加速度的に上昇し続けるでしょう。

ホームズ彗星の異状な明るさ、太陽の輝きの増大、、、これら3次元的に目に見える現象が今正に目の前で進行中なのに、、、人々の殆どは関心が無い様です。今現在よりも此れ以上の波動上昇が続くと実生活に支障を来す事態になるのは目に見えています。

地球人類の大多数が目覚めていない現在を私は憂いています。私はなるべく私の周囲の人達に、彼らが理解できる範囲で知らせようとしているのですが・・現実は御寒いばかり・・・。

此の先、何か奇跡的な“どんでん返し”でも起きない限り、地球人類の将来は無いでしょう。

*ホームズ彗星に関して、Googleニュース(コチラ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0