「統合とは!」“宇宙と私からのメッセージ”

読んでね

この星の人間社会に『愛』が無いのだから!
『愛』を探し求めていた私の願いは所詮無駄だった訳です。

『愛』が存在しないコトが判った途端に、この星の人達と強いて仲良くする必要など無いと考えました。

ああ!・・説明不足でしたね。
私の云っている『愛』とは、「無条件(無限)の愛」です。この星の人達はどうも私の云う処の『愛』を求めてはいない様です。求めていない場所には『愛』は存在しえません。此処には「愛」のようなモノはあっても『愛』は無いのです。

『愛』は循環です。
一方通行の『愛』など、宇宙には存在できないのです。

*『愛』は相対的なモノでは無く、統合的なモノであると此処では云っているのです。

相対的=「分断」   統合的=「ひとつ」

此れは相対的世界に統合的秩序を取り込もうとする、私の実験です。

此のコトは、いま地球上で進行する「アセンション」に通じます。

**************************************

私はアナタを受け入れようとしてきました。しかしアナタは私を受け入れようとしませんでしたね。

依って流れは遮られるカタチと成り、『愛』は不完全なモノと成ったのです。
此れでは『愛』は成り立たない。
循環しない「愛」など『愛』ではありません。

いま太陽系~地球~では『統合』へと進んでいます。 『統合=循環』

此の先、此の大地(地球)に居続けたいのならば!何時までも相対的世界に留まる事など許されません。・・・相対的=「分断」の世界は終わろうとしています。

私は『天』に拘り、アナタは『地』に拘る。・・・『天と地』は循環しなければならない。つまり相対的であってはならないのです。 『天』と『地』が近づきつつあります。

それが「今」なのです。

**************************************

私とアナタは「合わせ鏡」です。

私が嬉しいとアナタも嬉しいでしょ?
それと同じ様に、、、
私がアナタに傷つくと、アナタは私に傷つくのです。

先の記事でアナタが絶句しているのは知っています。
私がアナタに閉口したコトが、アナタに絶句を齎したのです。

全ては循環です。
『光り』の循環は、『愛』と成ります。

『闇』の循環は、『哀』と成るでしょう。