ハッキリと気持ちよく

有耶無耶は苦手だね

私、「訳のわからないモノ」「あやふやなモノ」「煮え切らないモノ」が苦手です。

例えばクルマの運転で云えば、チンタラドライバー等の未熟運転者。此の方々の運転は突拍子もない突然の反転・右左折・急停車・遅延な訳分からない危険運転操作で、後方を付いて行くとトテモ苛々します。

この点プロの方の運転なら喩え速度が遅くても殆んど苛々することなく追走できます。何故なら彼等プロドライバーは、予測のつく運転・無理の無い合理的なライン取りでの運転操縦をマスターしているので、こちらにしても安心した運転が出来るからです。

其の他でいえば、「UFOさん」。彼等の地球に来る目的はハッキリと分かっているので、私としては信頼して関わることができます。

実はココからが本題。

私に近い方で「訳の分からない」「あやふや」「秘密を明かさない」「無理強いする」ヒトがいるのです。“私を受け入れろ!”とシツコク迫るのが得意で、受け入れても本心は明かさない。何を考えてるのかさっぱり分からないのです。

私は其の様な「訳分からん」やり方に苛々する性格なので困ってしまいました。当面は「訳分からん」状態が解決するまで、その御方と関わらないコトにします。

解決の手立てとして、其の方はメール等のやり取りが御嫌いのようなので、「心通信(テレパシー)」をもって“訳分からん事項を私がハッキリ理解できるように説明して”と御願いしときました。

昨日まで、此の「訳分からん」御方の事で散々苛々して仕事も覚束ない状態でしたが、今日からは当分相手にしない・考えないことに決めたので気分サッパリ・穏やかで居られますよ。

・・・と云う事で。

『全てをハッキリさせるなら、仲良くしてあげるよ。』

PS.
返答を「詩」に変えて曲つけて録音してCDにするなんて面倒臭いことなどしないで、御得意のこころを用いた方法で伝えて下されば幸いです。