そう見えるから

仕方ないね

何故?さくらちゃんのヒーリングを「ママゴト」と言うのか?・・ですが。

それは、さくらちゃんのヒーリングが4次元止まりだからです。要するに地球人類次元レベルに則した内容です(現在の一般的地球人類及び一般的地球霊の最高レベルは4次元迄です)。

これはさくらちゃんのヒーリングに限らず、一般的な地球上の宗教・哲学に於いても同様です(但し新約聖書は5~6次元レベル)。最近話題の江原某氏の説く霊界レベルも4次元止まりです。

新宗教などにおいて4次元で神を説明しようとする試みが諸氏見受けられますが、4次元レベルには所謂「(公儀の)神」は存在していません(新宗教等で神云々称するモノはハッキリ言ってマガイモノです)。4次元には存在していない『神』を4次元限定で説こうとすること自体が所詮無謀な試みなのです。

話を元に戻します。なぜ?さくらちゃんのヒーリングを「ママゴト」と称するのか?ですが。

私の目指している次元は宇宙次元(5次元以上)ですから、4次元内容のヒーリングは私にとって唯々退屈な内容でしかないのです。5次元以上へ向けた眼差しで4次元を見ると甚だしく暗い闇にしか見えません。

さくらちゃんは常日頃『光り』について語ってきたので、てっきり5次元以上のヒーリングを目指しているものだとばかり思っていたのですが、実際は“現世利益”を含んだ内容の4次元ヒーリングを実施しています。

5次元の目で見た4次元ヒーリングは、全く「ママゴト」の其れにしか見えないのです。

注:4次元レベルでは3次元物質界の延長線上の物事しか扱えません。よって4次元に根ざした「宗教」においての『神』は甚だ人間臭いのです。尤も其れは『神』ではなく物質次元レベルの存在が『神』と称しているに過ぎません。