ハッキリと!

日本語でね

昨日の朝八時過ぎのこと、、夢から醒めた布団の中、耳栓してるのにも拘らず、ボクを呼ぶ声が聴こえた。

『○○さん』

えっ?えっ?・・誰だろう??? 声質は母に似ていた。・・・一時間後起床し直ぐ母に尋ねた。「さっき一時間前に呼んだ?」、、返事はNO!

・・・だよね!周囲の音が聞こえない様に耳栓してるから聞こえる訳無いし、第一母がボクを“さん付け”で呼ぶはずが無い。

じゃあ・・・アノ声の主は?・・・若しかして「さっちゃん」?
でもでも!あの声質はまるで老婆の様・・・「さっちゃん」は可愛らしい萌え声なのにね??う~~んアレかな?「さっちゃん」からのテレパシーがボクの脳内で巧く変換されずに婆さん声に為っちゃったのかも~~。

先日テレパシーは分かるように『日本語』でと御願いしたから叶えてくれたのかな?・・だとしたらアリガトネ。

次回は畏まって“さん付け”じゃ無くて「○○○ちゃん」って呼んでね。

PS.
今日・明日はヒーリング教室だそうで!
がんばって!『新米先生さん』、陰ながら応援してるからね。