世の中に『偶然』は・・

無いね!

先の記事で、本屋で偶然手に取った【徳間書店 5次元文庫013 「ツインソウル」 エンリケ・バリオス著 さいとうひろみ訳】と書きましたが、偶然では無いですね。世で起こる事柄で『偶然』なんてのは一つもありません。

「アセンション」が可也進行している昨今なのに、私の周囲では全く関知している様に見えない方々が多くてチョット辟易している日々で・・・“すべては夫々の自由意志(選択)なのだから、(此れだけ情報が開示されてても)判らないのならば、放っておくしか仕方なし”と考え始めていた私です。

しかし、本には「地球に起ころうとしていること・・地球をすぐれた次元に移行させるのには、多くの目覚めた意志が必要なんだ。だからインターネットや映画其の他を使用してキッカケを与えて云々・・・(要約文)」と記されていました。

・・・そうだ!諦めちゃあイケナイ。何か方法がある筈・・・私の場合にはブログ!今の処は此の「新おんみょうざっき」で、訴えかけるしか無いのだと再認識しました。

そんなこんなで、再認識のキッカケを齎した此の『本』を手に取ったコトは、『偶然』では無かったのでした。
きっと!天使さんの御蔭ですね。『ありがとう』