いま!啓かれた。

希望だね!

*夢を観ました。
<場所:ガレージ>
横3m・縦5m程のガレージ、中にはメーカー不詳のミニバン一台が停車中。

<様子1:ガレージ内>
中に入って行くと、子供達が数人でガレージ右奥の男の子を囲み、イジメの真っ最中。

<様子2:ガレージ内>
イジメられて蹲る男の子の膝中には、なにやら四角い箱がある。其れを大事そうに護ってる。

<様子3:ガレージ内>
私がガレージ内に来たことを知ったイジメ側の子供達は、ちりじりに逃げ去った。
ふと見ると、箱を護るイジメられ側の男の子は消えて箱の蓋が開き、中から一匹の猫が現れた。

<猫の行動:ガレージ内>
猫はサッと私を横切り、何故か?ドア全開のミニバン内に進入。興味津々の様子で車内の探索を始めた。

<私の反応:ミニバン>
猫の入った後部窓を閉めようとするが、閉まらない。閉めようとする手に負荷が掛かる。
・・・そして、夢終了。

<<夢解釈:感じたコト>>
*ガレージ:地球を取り巻く環境。
*イジメられる男の子:地球人の守護者。『光りの勇者』。
*四角い箱と猫:『アセンション』前後の地球人の様子。
*イジメ側子供達:地球人や守護者(光り)を攻撃する支配者(闇)。
*ミニバン:地球。最初ドアが閉まっていたのは現在『鎖国中』の地球。ドア全開なのは『アセンション』後の地球。
*閉まらないミニバン窓:もう二度と他者に支配させない・蹂躙させない決意。

陰の支配者に蹂躙される地球人、時が来るまで「特別な人間達/地球人」を秘匿保護する『光りの使者』。そして時は充ち、宇宙への門戸を開いた地球と闇の支配を脱した「地球人たち」。

要するに、『アセンション』前後の地球と人間の行く末を示す内容だと思われる。

追伸
此処で出てきた『猫』は自由(気ままに、誰にも縛られず(支配されず)行動する)の象徴と言えます。