準備万端

巧くいくよね!
画像

考えてみたら、UFOが一定の空域に静止するのは、可也大変な操縦なのですね。

彼等の母国の天地であるならば、(星と其の星の存在共々シンクロしているため)任意の空間波動を安定させるのは容易でしょうが、マダマダ進化に於いて発展途上の地球上での空間(空域)は、どの場所でも安定した波動は中々望まれないでしょう。

UFOのジグザグ飛行は、其の空域の波動が安定していないために起こる、地球人からの客観的視点での現象であると言えます。そうです!UFO達は、出現空域の波動を把握して其の場所に『現れて』いる訳です。

今回予定される計画でのUFO出現場所では、(UFO滞空の必要性から)其の場所の波動レンジを一定に維持させる必要が生じます。其れにはUFO側の空域波動調節と地球(ガイア)側の空域波動調節、即ち二つの意志の共同作業が実現するのです。

今回のUFO滞空実現に先駆けて、地球の協力の他に地球人への“テコ入れ”が実施されている模様です。地球人の波動は一般的にUFO目撃に適さぬ程低い波動なのですが、今回の計画実現の為に個々の地球人波動上昇を目的に何か?が行われている様です。

何故なら、此処数日で(普通)一般的な人たちの『オーラ』が勢いを増して居るのがハッキリ見受けられます。