今来なければ!

今がチャンスね!

今月の中旬、米国南部に巨大UFOが滞空するとの話題が、ネットを駆け巡っています。

私としては、何としても実現して貰いたい。・・・でないと、手遅れになるから(延期しても12月迄には)。

米大統領選でM氏が当選したら、、、、米国発世界経済恐慌での「大統領選延期」等になってしまったら、、、。ア国侵攻やイ国侵攻が現実化してしまう・・・又世界中のM薬市場が活況してしまい、益々世界中に『闇』が蔓延するビジョンが私には観えるのです。

・・・しかし、其れ等の『闇』延命策も実際には長くは続かない(これこそ『闇』の狙い目)。
『アセンション』に気付かない市民を、タダタダ無駄死にさせてしまう結果(情景)が私の脳裏(心)を掠めるのです。

私は祈ります。“今です!今来てください!『宇宙の御友達さん達』”

<追伸>
何故日本では無くて、米国なのか?
先日、真昼間の群馬県桐生市上空を黒い四角UFOが漂うと言う現象が起こりました。

この様な『珍事?』なのに、何故中央のメディアはとりあげないのでしょうか?
TVの特番で「UFO居るの?居ないの?」とかの番組を放映するよりは、余程有意義な筈です。しかし無視でしたね。・・地方都市で起こったことを放映してもスポンサーからの収入は増えるコト等無いでしょう(其の他の理由も存在します)し、よっぽどゴールデンタイムに面白おかしくUFOを笑い飛ばす方が、CM料金収益の見込みが有りますからね。

それに随分と皆様に「浸透」したとは言え、UFOを全面否定する「権威側」や「見識ある?市民」の方々の目が怖いのか?皆様がマトモに『本当の宇宙』を議論することなど御法度状態の日本では・・・残念ですが、其の様な『自由・勇気』すら持ち合わせていない日本にUFOが現れても、徒労に終る可能性が高いからです。