脳の色

うすいピンク色だね

本日の整形外科でのヘルニア治療時に、隣の席に白杖を携えた目の不自由な初老男性が大人しく前方を向いて、私と同じようにマイクロ波治療を受けて居ました。

今回は、この方を対象に「心霊治療」を実施してみました。

いつもの様に目を瞑り、男性を透視。

この透視ですが、今ではすっかりリアルに見えるように成りまして、臓器などその物が見えます。しかも生きたままを其のまま見ている訳ですから、新鮮そのもの。

人間の脳味噌は綺麗なピンク色だと聞いては居ましたが、事実うすいピンク色に見えますよ。

で!男性ですが、直感で眼球に支障が有る訳では無いと感じましたので、直ぐに視神経から透視し始めました。両眼球後方から伸びた神経は、途中で交差して左右が逆になって脳に繋がっています。

そして脳全体を観て見ると、頭頂の直ぐ後ろの辺りに1×2cm位の黒い長四角の影が見えます。

“ははぁ~ん。これが悪さをしているな”

直ぐに、天界より金色光を黒い部位に集中照射すること数秒。みるみる部位は綺麗なピンク色に変化。

ここで、目を開けて男性を観察すると・・・。

さっきまで、前方をぼやっと見て居た男性は、周囲を盛んにキョロキョロしています。
何だか落ち着きのない様子ですよ。

うんうん。どうやら周りが見えている様子。

徐に手に携えて居た白杖をたたみ始め、最小まで畳んでしまいました。

それから2~3分して、マイクロ治療が終わり男性はたどたどしくも介助なしで、ひとりで出口の方へ歩き出しました。リハビリ室に入るときは職員さんの肩に掴まって移動していたのにね。

画像


PS.
1月20日(水)午前、整形外科で彼を見かけました。白杖を使っています。
初老なので、今更目の見える生活をしても仕方ないのでしょうね。分かってはいましたが・・・。