無駄なく自然に…

べつに難しくないね

エゴを捨てる毎日を過ごしています。

その結果でしょうか?夢・・・睡眠中に観る夢の場面なのですが、以前は割と薄暗い場所が多く重苦しく感じるコトもありましたが、このところは随分と明るい場所も増え、足取り軽く移動できる様になってきました。

それに現実においては、物欲がドンドン減って行くのを実感してます。

あと、霊的感覚が益々研ぎ澄まされてきたようです。

霊能力を増大させるのは、巷で宣伝されている様な、どこかの山とか施設に籠って密教修業などする必要はないのですね。エゴを捨て去り、こころを軽くしてゆくと、頭(心)に占めるエゴが減った分、霊知識が流入してきます。

これは、まったく簡素な自然の法則です。

よって難解な経典等を覚え読経・写経したり、護摩を焚き、滝に打たれる必要は更々ありません。

今迄のところ大雑把ではありますが、霊世界の機構、人間がこの世へ生まれて来る理由などを知りました。

霊界に於ける大きな柱としての私から分霊としてこの世に出てきた私達であり、其々の生活を営んで、やるべきことを日々行っている訳であります。

PS.
タイトルは「無駄なく自然に」ですが、「無理なく自然に」の方が、すっきりして良かったのだと思います。しかし敢てこのようにしたのは、世の修業方法に無駄があり過ぎることを訴えたかったからなのです。

世間の殆どの方が勘違いなさっていると考察されますのが、第一に何某かの宗派の修業をすれば徳を得られるの・・悟りを啓けるの・・だと御思いなさって居るのでしょうか?

若い頃に私も勘違いして、身体的修業(ヨガ・座禅等)をしましたが、得られたのは悟りではなくて、異常な身体(夢想)エネルギーの増大でした。

閑話休題

実は、精神(日常生活のうちにエゴを捨て心を健全にする)修業を第一に行わなくてはなりません。こころのあり方を自ら自在に操ることが出来ない内に、身体エネルギーを増大する修業など百害あって一利なしです。

適切な操縦者の居ない自動車は、ただ暴走するのみと例える様に、過ぎた身体エネルギーを操るこころが出来ていないと大変なことになります。また(悟りを得るための修業だったのに)チカラを得たことでエゴが増大し暗闇(四次元)へ縛られるようなことになっては、本末転倒です。

・・・・実際のところ、身体的修業は無駄だと思います。エゴを増長し兼ねない。

悟りを得るためには・・・。
日々の生活を送りつつ、自分の中のエゴを見つけ出し捨て去る道が、一番無理のない自然な方法だと考えます。