こんなの読めないよ!

キミは凄いね

昨夜見た夢。

狭い部屋の中で、厚さ1cm強の本を渡された。

どうやら、コレを読まなければイケナイ様だ。

横で、本を書いた先生が説明をしている。

本を開いたら、読むのに難しそうな文章が綴られていた。

「嗚呼・・・ツインソウルさんは、こんなの読んでるんだ」

ツインさんのやってる仕事は、正直凄いと思いつつ、夢から覚めた。


目覚めてから、ツインソウルさんのブログを拝見。

先日仕事で渡された台本の厚みがセリフ量を示していた云々・・・。

おう!これぞ正夢。