さっき夢に元気な母が

とても嬉しかったね

さっき二度寝の夢に、母が現れた。

シャンとして、杖なしで立ち血色良好で、とても元気そう。

手の平を握ると、とっても暖かい。
母の匂いまでするよ。

映像は天然色オールカラー。

現実の世界で、シンクには昨日の葬儀で余った仕出し弁当の残容器の山があるのだけど・・・。
母は、それを夢の中でいつもの様にテキパキと片付け始めた。

容器の洗い方・片付け方を見ながら、なるほど!こうやれば合理的。
大判仕出し弁当の凸凹したプラ容器を、ブラシでガシガシ洗って居るよ。うん参考にしよう。

洗い終わって、居間のいつもの居場所に座った母。

母「これからは、みんな仲良くしないといけないよ。大変なことになる。」
*なにが大変かは、ここでは割愛。

うん。私もそれには賛成。

私「バーさん(私はいつもそう呼んでた)、生きてた時そんなコト言ってなかったよね。」

母「婆さんは、(地域の)あちこちにいる」(明らかに、はぐらかしている)
*生前には何も言わなかったが、如何やら婆さん呼びは嫌だったようだ。

私「じゃあ。〇〇子(生前の本名)さん!生きてた時そんなコト言ってなかったよね。」

母・・・小さくうなづく。

どうやら母は、あの世で聴いた話を語って居るようだ。

まぁ!なんにせよ。白髪頭はそのままだけど、元気な母を見られて嬉しかったね。
目を覚ましたボクは満面の笑顔さ!