災難だったよ

画像
雨戸が翔んだね

10月1日(月)0時20分ごろ気圧983hPaの中で、自宅2階の雨戸が1枚衝撃を伴って庭の柿の木の上へ飛んでしまいました。築数十年の間、数々の嵐にも耐えたのに、やはり寿命ですかね・・・残念です。

まだ本格的に台風24号が来てないのに、この体たらくで大丈夫でしょうか?

ウチの南側に2軒頑丈な家が建ってるから南風は平気と高をくくっていたのですが、外に出て被害を確認中に風の方向を見たら、南東の風です。南東側には1階平屋の住宅群しかありません。

そこの隙を突いての突風被害でした。

1階に降り、外へ出て柿の木に引っ掛かった雨戸を地面に降ろし、植木鉢で重しをしましたが・・。

はたして台風一過まで無事でいられるでしょうか???

PS.
ちょっと・・・心臓が苦しいです・・・。風雨の中ひとりで作業したからか?
少し自律神経反射が起きたようです。

PS2.
その後2度の停電復旧後の2時過ぎに、雨戸残り1枚が道路へ飛ばされました。二次被害予防のため、ひん曲がった残骸を屋内に運び納めました。嗚呼ああああ、疲れた。

PS3.
雨戸取り換え費用は3万円からみたいです。飛んだ雨戸の為にとんだ出費になりそうです。3時を過ぎて在所は暴風圏を外れたようで、静かになってきました。これで眠れるかな?

PS4.
夜が明けてから被害状況確認。雨戸が外れた際の衝撃はガラスにぶつかった為のようで、ガラスの一部に穴が開き、ヒビが4本入っていました。取敢えず、アルミテープを貼り応急処置をしました。あとは一寝入りしてから行動しないと・・・ひとりだから大変です。