望まない記憶

続々思い出すね

過去に封印した思い出したくもない記憶を思い出します。

殆どが他者から受けたイジメの記憶。

どうせなら良い望ましい記憶も思い出せばいいのにと思った瞬間、「嫌だから忘れたんだ…望ましい良い記憶なら記憶から消す訳ないじゃん」と考え直しました。

過去に潜在意識下へ無理矢理押し込めた、それ等の嫌な記憶を、なぜ今になって思い出すのでしょうか?

霊界探訪のために、潜在意識の扉を頻繁に開ける行為が、封じた記憶部屋の鍵をも開けることになってしまったのかも知れませんね。