父にも感謝です

ありがとネ

さっき昼寝してたら、夢に父が登場して、椅子に座り机の上でナニやら文章を書いています。

興味を持って近づき書面を見ても、全く意味不明な物だらけです。父はその中の一枚の書類を私に差し出して、左下の余白に“SST”とサインをしろと言ってきました。

父は私のサインした「SST」を指で掬い上げつつ、意味不明な呪文を呟く様に唱えていました。

目覚めてさっそくネットで調べると、『SST』とはソーシャルスキル・トレーニングの頭文字を綴ったもので、何らかの原因で社会から隔絶された者を社会人に戻すトレーニングなのだとか?

おお!これは今の私に必要なモノじゃありませんか!(組長兼区長として自治会参加するにおいて…)

父ちゃんも私の生末を心配してくれていたのですね。感謝です。