苦しく辛い朝

・・・だね

段々自分の病の正体が判ってきました。

昨晩、抗不安薬を飲む直前に感じた思いは、私の受け持つ組の各区長さんへの依頼書のことで、それが此方が指定した期日までに返ってくるか不安で仕方ありませんでした。

それが、抗不安薬のお陰で忘れられていたのですが、クスリの効果の切れた今朝、その不安が昨晩にも増して私の心にムクムクと黒雲のように湧き上がってきました。

薬での平安な気分との「落差」はとても激しくて、酷い不安感を味わっています。

ハッキリ言って『苦しい』。朝日を浴びれば楽になるかと考え、外に出て日の光りを浴びてみたものの、その苦しみは増すばかりです。

あゝ、私には自治会組長など向いていないのが、よく判ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とりあえず、お隣さんが自治会副会長なので相談してみようと、思います。

PS.
さきほど、自治会副会長さま宅へ出向き、私の病気と自治会組長の仕事の因果関係などを説明相談してきました。僅かな時間の相談でしたが、私のこころが晴れて行くのが感じられて、とても有意義であることを覚えました。尚、早朝なのにも関わらず親身になり対応して下さった副会長さまへの感謝の念を禁じ得ません。

PS2.
夕方までに、受け持った依頼書も回収できまして、其々を総務と会長に提出できました。あとは今月中に自治会費を集金しなくてはなりません。でもまぁ一安心出来ました。

あと分かったことは、今現在の私はマルチタスクの仕事が出来ない様です。一度に同時進行の何かを担った場合に、何れかの部分を忘却してしまう可能性があります。実際忘れました。ですから、仕事は一つ一つ区切って終われるようにしないと完成しないと考えられます。