ゆっくりだらだら生きる

…のが良いね

朝目覚ましベルで目を覚まし、起き上がりたくはないけれど、ゴミ捨てがあるから起きて、ゴミ捨て後はその延長で、飯を作り取り合えず食べる。

身体にチカラが入るか入らないかのギリギリのところが、イイんじゃない?

元気が有り過ぎると、食事をモリモリ食べ過ぎては、糖尿病にはめっちゃ悪いから、あ~あんまり飯食いたくないなぁ...ってな、ダラダラとしたカンジが、このところのオレには良いんじゃね?

そうなんだよ。オレは「こころの病気」なんだから、それを逆に利用しちゃいましょうね。

メンタルの先生にも、此の塩梅を説明してクスリの出し方も今みたいな、朝目覚めて昼くらいは、何となく元気が見られない風。昼から夕方にかけては、散歩程度は出来る風。でお願いしたい。

外の誰が見ても元気な「〇〇くん」で毎日を送ってたら、有る日突然ポキっと逝っちゃうよ。

だから、いまは半眼のトロンとした顔のオレがいいよね。

外の人から見て、アイツ変じゃね?って位がちょうど良いと思う、今日この頃です。