ひたひたと忍び寄る

狂気…怖いね

5月5日も終わったので病院へ行って、十二指腸潰瘍を診てもらおうと思ってたんだけど、カレンダーを見たら祝日だった。如何に普段から、日にちに無頓着かってことですね。

昼間久々に隣人と挨拶交わして、挨拶がてら、「メンタル弱くて胃腸に潰瘍が生じ、下血が出て手足にチカラが入んなくて庭木の手入れが大変なんですよ。」と言ったところ、当たり障りのない返事でしたね。

更に真顔で、「死にたいって強く思うと、腸壁から出血するんで、大変なんですよ。」と言ってみた。

相手は益々焦って、当たり障りのない返事で言葉を選んで汲々としてましたわ。

相手がそんなカンジになるって判ってたのですが、事実を語ってしまいましたよ。段々と狂気が気持ちに浸透して来ている自分を感じられます。

だけど、未だ客観的に自分を見られるから、救いようはあるかも?しかし独り暮らしで(誰かに助けを求めても)誰も助けて呉れないので、自分を抑えていられるのも、あとどれ位なのでしょうかね?