相反する2種類の霊夢

考えさせられたね

いやぁ~最近体調を崩したり、色々とあって、すっかりブログ記事を書くことを忘れてましたよ。

それでさっき、編集を見てみたら結構記事を読んでる方が居る様で、どうもスミマセンでした。

さて!!

先日霊夢を観たのですが、宇宙にはヒューマノイド型とは違う種類の知的生命体が居る様で、大きさは直径4~5mで、高さは4mほどだったでしょうか?地球で言うところの水母ともキノコとも思えるような姿をしてます。

周囲を透明な窓で覆われた直径30mほどのドーム状の空間に、その生命体は浮かんでいました。

何故?知的生命体かと申しますと。言葉は介さないで気持ちで判るんです。人間型ではないので、小さな触手のようなものを伸ばしてきて、私の鼻の左穴へ触手の先をそっとさし入れ何かを感じ取っている様子でした。少しこそばゆかったですが、凄く丁寧で優しさと愛を感じて、こころに平安が訪れました。とても楽しくニコヤカな夢です。

ここで尿意を覚え、夢は覚めました。

さて、トイレも終わり再び床につきました。

スグに先程の夢の続きが始まりました。・・・が、様子がおかしい。

ドームの右手に地球型宇宙船が現れて、ドームを打ち壊し侵入してきました。やはりその宇宙船からはヒューマノイド型の亜細亜人に似た人間がワラワラと現れ、相手の生命体に挨拶するまでもなくイキナリ攻撃を始めました。初めから宇宙生命体を理解する気は更々なく侵略のために、突入してきたようです。

水母型生命体の他に、小さな異形生命体が居たのですが、薙ぎ払うように押しやり破れたドームの外へ放り出しているのです。

恥ずかしい蛮行ですが、これがヒューマノイド型生命体の本性です。

自分と違う形態や文化を貶し辱め、破壊し自分たちの考えや文化を強制する獣のような集団。知性やこころで行動せず、本能だけで生きているようです。地球動物界は弱肉強食と言われますが、これは全て人間の醜い獣のようなこころ故に、影響されてそうなってしまったのだと感じました。

ある情報で、地球は宇宙で最低から数えて2番目だと言われていますが、正にその通りだと思いました。

先程の夢はとても楽しかったのに、今度の夢は惨憺たる気持ちでした。

これだから、人間は嫌いなのです。こちらの意見は全く聞かずに自分の意見を無理強いする弱肉強食の獣のような態度。そうあの生霊、偽ツインソウルと同じです。

宇宙に人間型生命体は少数派だと聞いています。こんなに野蛮なのですから道理です。宇宙は愛に支配されているので、愛の乏しい生命体は隅に押しやられ、暗い場所しか宛がわれないのは当然です。

この相反する2つの霊夢を観た御陰で、宇宙における生命体にとってどのような生き方が理想なのかが、ハッキリ理解出来ました。