歯周病にはサトウのアセスが一番効く

「小林の生葉では逆に悪化したね」

無題.JPG

先週より続いていました。謎の感染症はやはり風邪などではなくて、歯周病菌が悪さをしていた様です。

やっぱいつものお医者の見立ては、外れていたようで、地元の評判通りのヤブです。しかし世間の期待を外さないのは、流石です。矢鱈と処方された薬を見繕んで服用すると良い結果が得られそう?ハズレ入りのクジを抽いてる気分です。

さて!
狙いの歯周病を良くするには、オーラルケアを万全に。

サンスターGUM液体磨きで、汚れを洗い流した後に、サトウの「アセス」でブラッシングするのが、良い結果を導きますよ。最初はサンスターGUM液体磨き後に、小林製薬の「生葉」治療軟膏を患部に直接指に乗せ歯茎に塗り込む治療で、見事に悪化しましたわ。みるみる痛み腫れは益し、余りの疼痛で睡眠もまともに獲れず、整形外科で貰い余った疼痛治療薬を使う羽目に・・・。

そもそもクスリを、不潔な指で直接塗るという行為が良くありません。

手指はどんなに上手に洗浄したとしても、直接指にクスリを乗せて口にツッコミぬりぬりするには、危険が大き過ぎます。人体で口の次に雑菌の多い指を使うなんて、手足の虫刺されに軟膏を塗るのと訳が違います。

況してや、口内での湿潤の環境では、細菌有利に違いありません。そんなアウェー状態の患部周囲では、雑菌を悪戯に掻きまわしてるのと同じ行為ですよ。

嫌な予感はしましたが、見事に的中し歯茎は腫れあがり、顔を鏡で覗き込んでも腫れた下顎が、ふっくらと見て取れました。

ここで最後に、藁をもつかむ想いで、ネット評判一位のサトウの「アセス」を使用。あの赤褐色の塩味は私の痛んだ歯周を優しく包み込み、徐々に腫れと痛みは引き、流動食しか受け付けなかったお口も、サトウ「アセス」使用6時間後には、普通にパスタを食すことが出来るまでに回復し、その後の睡眠もトイレで起きるまで、穏やかに寝れました~♪

ああ~お薬なしで、眠れるこの快楽に感謝ですね。

PS.
添付画像の品は、ゴミ箱へ投げ捨てました。