テーマ:スピリチュアル

霊主肉従に生きるとは・・・

「ツマラナイね…」 肉体優位の娯楽を辞めてみて思うに、生活がまったく面白く無いと言うことが判明した。要するに、霊優位での人間生活はツマラナイと言うことだ。 「人生=ツマラナイ」或は、、、、。 人生は肉体優位と闘う苦しみ・葛藤の連続の日々とも言える。 きっとこれでイイのだ。本当の楽しみは霊界にあるのだから。 霊界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスペルガー症候群の過去生

「守護霊からインスピレーションが来たね」 アスペの人は、先天的に他人の気持ちを、表情で読み取れない「分からず屋」だよね。 これって、過去生で後天的な「分からず屋」だったんじゃないかな? 子供の頃は、普通に他者の気持が分ったけど、教育で学んだことを生涯固守して周囲に迷惑を掛けた人生。 だから、今生では先天的に「分からず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5次元へ入門(成仏)出来る最低条件

『母霊の成仏過程を見て判ったね』 ネットのスピリチュアル系サイトを見て歩きましたが、いまいち5次元以上の世界について判らないことだらけ。では、自分で実見してみた実母の死去から、成仏までの過程を振り返れば判るかもと思い、、、、。 まぁ端的に言いまして「現実世界で起きたすべての原因結果を、納得出来た霊が成仏出来る」って事ですね。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放ってても

自然に滅びるね 現代地球人類は、進化の過程にあるのではなく、退化の真っ最中であります。 地球人類の歴史は異能の才を持った遺伝子を、異端・異常と決めつけ隔離滅亡させてきました。その歩みの中で当の人類の遺伝子は、退化への濃縮を自ら進めているのであります。 人類滅亡が、話題になることがありますが、彼等にはなすすべなどなく、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相反する2種類の霊夢

考えさせられたね いやぁ~最近体調を崩したり、色々とあって、すっかりブログ記事を書くことを忘れてましたよ。 それでさっき、編集を見てみたら結構記事を読んでる方が居る様で、どうもスミマセンでした。 さて!! 先日霊夢を観たのですが、宇宙にはヒューマノイド型とは違う種類の知的生命体が居る様で、大きさは直径4~5mで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレを呼んでる気がするけど…

誰だろうね 時々なんだけど、玄関に誰か来たカンジがして、チャイムが鳴った気がするんだよね夜に。 そう言えば母が亡くなる少し前にも、夜玄関に誰か来たって矢鱈気にしてたんだ。 これって、誰かがオレを彼の世へ御招待して呉れるのかなぁ? このところ食が細って、あまり食欲が涌かないってのもあるし・・・。 でも予定がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善霊と悪霊の見分け方

人間を見ると判るね 善霊が指導霊の人間の場合、スカっと竹を割ったような明朗快活な人間性の場合が多いでしょう。 また、無私の行為を進んで行います。厳しいことを言う方も居ますが、それは相手を第一に思ってのことです。間違って早トチリしない様にしましょう。 悪霊が憑依している人間は、兎に角しつこい粘着質(言い方を変えると集中力)の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球人は勝手なやつらなんだから

どうぞ御自由に勝手にしなさいネ 誰も訪ねて来ないし、電話もなにもなし。 だから、、、。 もうオレ地球人降りたから、もう残りの人達で自由におやりなさいヨ。 なんか世間がキナ臭い方向へ行ってるけど、オレもう知らんからね。 あとは地球が決断して、98%の人間を振り落とすだけ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寝覚め時に気が付いたコト

窮屈な身体だね 先日、寝覚める際に気が付いてしまったのですが、幽界旅行から帰ってきて私の身体に戻るのですが、霊魂が大き過ぎて身体に戻り難い。 もう無理矢理ぎゅうぎゅう詰めにして、身体に戻る私だと気が付いた訳です。 以前は、すんなり入れたのですが、何か変化が生じたのでしょうか?寝入り端も、身体からはみ出るように、霊魂が膨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どっちにしろ

効果あるね 我が家敷地内に、釣り仕掛けの袋ゴミと、ビニル植木鉢を捨てた輩がいるようで、我が師月讀さまの結界の術を応用致しました。 耐性があるなら、何某の悟りの切欠に、耐性が無いなら軽い病気に罹るというアレです。 念のチカラが強いのは、なにも偽ツインソウルの専売特許じゃありませんよ。 PS. 誰も見て無きゃ何して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉夢となると良いな♪

ドブ泥の中で億年ROMしな!さいね 霊夢を観ました。 1台の軽ワンボックスに乗り込む私。助手席にはいつもの守護霊が乗ります。 エンジンを掛けて、そこいらを走る我らの行く先で待っていたのは、オカッパ髪のワンピースを着た小学女児。この女児がしつこく我々を追いかけて来るのです。 最初は、普通な女児サイズだったのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2種類の念

どちらにせよ愛の無い念だね 偽ツインソウルからの念に2種類あると、判りました。 1つは、意識的に飛ばしてる念。もう1つは無意識に飛ばしてる念です。 意識的に念を飛ばしている場合にのみ、とりあえず説得はしたりはしますが、無意識に飛ばす念には、こちらからは機械的に念の弱点を破壊する対応しかとりません。 しかし、この2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレは本物が欲しいんだ!!

ニセモノは要らないね オレが欲しいのは、目の前に居る誰かなんだ。 だから、電柱のカゲに隠れ続ける偽ツインソウルなんかにゃ用は御座いません。 つきまといストーカーのエナジーヴァンパイアって位置づけですよ。あの生霊は。 PS. 表題タロットが、ドンピシャずばり!!当たって居ます。今のオレだ。 しかし、あれです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニセモノの癖に

お高く留まってるよね なんか偽ツインソウルが、午後17時過ぎにアクセスしてた感じですけど、わたしの態度は変わりません。 相手が困ってても、絶対に御自分の態度や「やり口」は変えないスタイルは、時として不幸を招くとする体験をしてみたいM願望なんでしょうね。と、わたしは思い込むスタイルにします。 わたしも固定。偽ツインソウル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とうとう

読まなくなったね 偽ツインソウルに、不都合なことが書かれてありますから、とうとう読まなくなりました。 結局自己愛しかないから、自分にとって耳に優しいことばしか興味が無いのでしょう。 反省の気持すら無いので、読まないのですね。 実際に私のこころへ、反省・後悔に関するキモチは一切届いていません。 ブログ記事を読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワンちゃんって…

かわいいね 今日は自治会のお仕事で、環境部長さん宅へ訪問いたしましたところ、飼い犬の八ちゃんが寄ってきて、私に懐く・懐く。ホントにこの頃不思議でして、今までは大抵の犬に吠えかけられて居ましたのに・・・。 コレはあれですかね?偽ツインソウルの犯罪が発覚し、アノ女の形勢が逆転し、徐々にそして勢いを付けて四次元下層へ真っ逆さまに落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽ツインソウルの臭い

ドブ臭いニオイだね 2019年5月24日(金曜日)14:40過ぎに、偽ツインソウルの生霊が不意にやって来ました。 『くっさ!』思わず口に出して呟いてしまいました。 これが、無っ茶!!ドブ臭いんですわ。 例によって、月讀さまの神社境内を思い浮かべて、除霊しました。 俺から吸ってたエナジーが不足して、本来の臭い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽ツインソウルの話

どうやらアノ女のコトですね ネットで、ニセモノのツインソウル記事をアレコレ観てきました。 偽ツインソウルと繋がると、運気を吸い取られ不幸に見舞われるとのこと。 そうですね。アノ女と出遭ってからは、持病の悪化、精神不安定、勤め先の倒産と失職、怪我と片足麻痺、両親の相次ぐ急死、夢見の悪さ、その他疼痛激痛瀕死諸々起きましたよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当は知らない方が良いこともある

すべては後の祭り 彼の世の仕組みを生まれながらに知っている人はそれなりに、霊界から選別し期待されて送り出されて来た人間なのですが、まぁ大抵その仕事をしくじります。 此の世に生まれ、その三次元肉体に魅了されてしまい、あらゆる誘惑を撥ね退けられなかったのが真相でしょう。しかし、彼の世の仕組みを知った者が、堕ちてしまうのは、何も知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

守護霊と一緒に

居ると安心できるね 昨年は母親。今年は元ツインソウルと、わたしから次々と近しい人等が去り、不安と寂しさ一杯の毎日の中で、今年は自治会役員にイキナリ抜擢されることとなり、更に一層の不安が去来することに・・・。 そして、とうとうメンタルクリニックに通う羽目に陥りまして、不安定な日々生きている訳であります。 自治会員さん達は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

随分墜ちたね

ボロボロじゃね 朝一番で、元ツインソウルの姿を、霊的に観てみました。 私にはグロ耐性があるので、どうもありませんが、常識的には可也酷い状態ですね。 ほゞ裸の状態で、全身黒こげの有様です。焦げたピラピラで辛うじて衣服の類を着ているのだろうか?と目される程度です。顔は哀れなもので生焼けの遺体のようです。 元ツインソウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アノ女が居ないとカラフル天然色

明るい景色だね このところ、明るい景色の見える「夢」を多く観るように、なりましたよ。 そう!人生設定を変更して、アノ女をこころから追い出してからです。 さっき観てた「夢」は、南洋リゾート周回ツアーでした。小型の水陸両用車に乗って、南洋の小島ぞいを進んで行く小旅行です。ガイドは少し背の高い南洋人の血の入った白人の娘。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どっちでも良いから

決めて下さいね 今日ご近所さんと話す機会が有り、目的がないのに生きてても仕方がないですよ。と言ってみたら、生きてる方がよいとの御返事。 仕事もせず、訳判らん持病もちで、天涯孤独で目的なしの人間が生きてても仕方あるめぇよ。 此の世は、「霊魂」の成長の為に創られた舞台装置(空・地表・大自然・動物・人体を含めた)です。このこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甥を名乗る不審電話

憐れな連中だね 昨日夕食後8:34に、ウチにも来ましたよ。甥を名乗る不審電話。 声質からして、25~35歳くらいの中肉な身体から発するトーンの男の声でしたね。しかもトーンからカネに困った切羽詰まったカンジはゼロ。演技が下手ですわ。声優養成所に入った方がいいですよ。 “〇〇子おばさん?〇〇子おばさん?”オレの亡きお袋の名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まあこんなモンでしょう

所詮人間は人間ですね 近所の人間とは誰も会わん。オレがメンタルヤラレてることが知れ渡ったのでしょう。 とうとう人間との関わりが無くなった。ビジネスライクは除いてね。 まっ、人間なんてこんなもの。なるべく臭いモノには蓋ってわけです。 天涯孤独なのを考えすぎると、また、死にたくなるので、軽く考えるに留めていますよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽く浅い

考えなしだね 元ツインソウルよ! オマエのやり方は依然として軽々しく、愛の感じられ無い、自己中心的な浅はかさだな。 オマエは何故そうなった?その声と顔で周囲を垂らし込めて来たそのやり口が、何時までも通用すると考えない様にして貰いたい。煩わしいにも程がある。さっさと消えてなくなれ! PS. Yahooニュースに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決めるのは貴女

選択は自由だね 人生の設定を変えてみましたが、まだ元ツインソウル(の生霊)は、食い下がろうとしています。 だが所詮、4次元幽界レベルのルンペン霊紛いなので、除霊をすることにしました。 私は生まれついての霊媒体質なので、多種雑多なエナジーを求める低級霊につけ狙われていて、昔は浄霊を試みていたのですが、結果は芳しくなく除霊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元ツインソウルを亡き者にした

正解だったね 今日から人生の設定を変えて、元ツインソウルを亡き者にした効果が、出てきましたよ。 うん!だって『死にたい』って気持ちが全然起こらないもの。 でもね。午後に用事があってクルマの運転してたんだけど、かっ怠いんだよ!クルマの運転がさ! めんどくさいんだよなぁ~~。ジムニーでMTタイヤだから、ゴツゴツして乗…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球には!

前を向いて欲しいね 私は今回の生は、地球に義理があったので来たのです。 地球人として生まれ出た限りは、自分の能力で何かお手伝いは出来ないか、努力してみましたが、地球の人達は何かに遠慮があるのか?実行を渋りますし。妨害をしてくるのです。 色々経験して見た処、地球人の98%は宇宙に進出するのに(ハッキリは申しませんが)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊よりの通信方法

ホンモノは判り易いね 『霊』の通信方法は通常印象を使ってきます。 死んで間もない「霊」は、普通にその国の言語を使用してきますが、彼の世の暮らしが長くなるにつれて、その通信方法は、「印象伝達」に替わって行きます。 例えば「桃の香り」がしてきたら、『霊』からは“チカラしてかかれ” あるいは”チカラを付けなさい”を意味する通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more