テーマ:光り/内なる世界

#441【Yさんだらけ】

「今日のYさん」 親戚のYさん夫婦の御見舞いに行って来ました。 Yさんの奥さんは家の血縁Bの妹さんでして 先日胆石の手術を受けたばかりです そしてYさんは3ヶ月前にクモ膜下出血で入院 結局半身不随になってしまいました。 夫婦そろって同じ病院に入院しているので御見舞いする方は便利だけども・・・。 今日初めてリハビリセンターで頑張っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#438【大天使ミカエル様への御願い】

「信じれば実現する」 ここ2~3日 仕事先の設備で蒸気量を測定する計器が全く動きません。 会社の先輩も『こりゃあ壊れてるのかも』と言ってます。 私は壊れた機械を直す良い方法を知っています、、、其れは大天使ミカエル様に御願いする方法です。 そこで 独りになれる時間を見つけて昨夜 その測定器の前で大天使ミカエル様に“どうか此の機械を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#435[現れた2人]

「待ってたよ」 子供のころから理解しあえる友人を求めてた。 でも ずーと ・ずーと求めてたのに現れず  そんな願いも忘れかけてた時ツインソウルさんと出逢った。 そして更にツインさんの予言通りにもう一人の友人も現れた。 ツインさんは安心できる心の友として・・・ もう一人さんはメールで御話の出来るコノ世的な友として・・・ 2人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#431【確かにね】

「♪」 キミの唄か・・・・、 うん! そうだね! 確かに聴こえるよ キミの唄。 キミと初めて逢った夢の夜 奇跡をテーマにしたキミの唄が聴こえてた。 いつだったかキミと離れようとした晩 ボクを惹きとめようとしたのか ずっとキミの唄が頭上で鳴り響いてたよ。 キミの唄にはチカラが有るから どんなに離れていてもキミの元へ必ず戻れるよ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#418【開花】

「ハートの色彩」 今日の明け方 夢を観ました。 開けた場所 一面石ころだらけ 何処かの川原かしら? 向こうに直径20cm位の石がある よく観ると半分に割れてるね。 割れた石の中に一際綺麗な青っぽい緑 中央には赤っぽいピンクが見える。 だけど 其の石の外観は何の変哲もない川原石。 それが半分に割れたから中身の色彩が表に現れたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#417[ツインソウル ソレガスベテ]

「目を見開いてゆこう」 キミと一緒だと思うと キミと繋がってると感じてると 力強いね  世界が輝くよ 本当だよ 何も言葉だけが真実じゃないんだね ボクの中心にキミが居ること それがすべてさ!! この先  大きく目を見開いて光りを見続ければ  未来への道が開けて行けそうな気がします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#416[ツインソウル  おだやか]

「誰よりも傍で見ていてね♪」 前記事にも書いたけど、 こころのコミュニケーション  好いね。 なんだか ほっと和みます。 今日はずっとキミの唄が聴こえるよ。 ありがとう キミのお蔭で  優しい笑顔でいられます。 これがキミの・・ボクたちの願いだったんだね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#406[光りのシステム]

「俗説に振り回されるな」 ここ連日の「魂の言葉」記事は、私の心に浮かび上がってくるコトバを分かりやすく文章にまとめ上げたもので、決して私自身が悟りきった訳ではありません。 私はまだまだ未熟者であり人生の一学習者に過ぎぬことを明記致します。 *************************** 嫌なコトが起きるのは浄化システムが正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#405[光りの言葉]

「ありがとう」 ありがとう 感謝すると肩の荷がおりるよ つまり その学びが修了したってコト ひとつ心から感謝すると  ひとつ光りがさすよ 光りは笑顔を呼んでくる ひとつ学んで  笑顔で修了 *感謝する=自分を許す=学びの修了(自分のモノになる) *否定する=自分を偽る=再学習(未だ自分のモノにならず) 魂はいろんなコトを学ぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#403[世界の果てまで]

「魂の学習」 この世は  この世界は絶対性の中の相対性が強調された世界。 ひとつの相対に隠れるカタチで相反する片方が常に観られる。 この世は相対的に見える絶対界。 例えば、、、、 ツインソウルの(見えにくい・見えない)部分に私が居て  私の(見えにくい・見えない)部分にツインソウルが居る。 絶対界から観ると  この世は依然と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#400【しみじみ思うコト】

「おだやかに無言・・・」 世間では学校も夏休みに入り子供たちの姿が町内から消え(子供を見かけない) 外では今年初めての蝉が元気に活動を開始しました。 そんな中 各地では夏祭りで賑わっているようです。 千葉県茂原市七夕祭り 千葉県市原市上総牛久八坂祭り、、、、、此の二祭りは私の通勤路で開催されるので通行制限のため毎年大変なことになり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#397【魂との会話】

「一転!自由を体験したい」 自分の魂を身近に感じる 一枚剥がしたら素顔が見えそう。 いろんなコト 体験したいって云ってるね・・・ここぞとばかりに。 天に居たら味わえないコト イッパイだし、 其のイッパイに耐え抜く自分を体験したいらしいよ。 体験っていっても マボロシだとちゃんと分かってるのが御愛嬌か! 魂にとって 此の世はゲー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#395【得た気がする】

「昨夜のこと」 こころが止まった。 原因はツインソウルさんに背を向けてしまったからだ。 頭の中央に何か固い塊が出来て感情が鈍磨した。 喜びも・楽しみも・悲しみも感じないのに頭の中心から切迫が拡がる。 自分が潰されそうに感じた。 ・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・ 天に光りを求めた 私は即座に開放された。 頭の固ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#390【ヘロヘロな時こそ】

「夏を乗り切る必需品」 ううう・・・・、ココ連日の暑さはどーした事でしょうねぇ~。 暑さに弱い私には酷な季節到来です。 昨日なんか仕事先の気温 午後3時で36.5℃ありました。 7月からこれじゃあ 8月が思いやられます。 そんな私ですから歩調もヘロヘロ気味でうな垂れつつ歩む日々・・・orz だって私の仕事は殆んど外作業メインだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#383【ツインソウル キミと逢った】

「夢の中で・・」 キミと逢った 場所は何故か大阪の公園。  ふたりはクルマでやって来たのだ。 目を離してる内にキミは歩道に蹲ってて 少し気分悪そう。 ボクは駆け寄りキミを抱き寄せる。 とたんに「ひとつ」に成る「ふたり」・・・・・、 キミはボクの右の耳に口を近づけてささやく、、 キミ 『11月に云ったこと・・』 ボク 『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#373【ツインソウル ココに居るよ】

「ライブの最中」 今ちょうどライブの最中ですね、 17:30から17:36にかけてキミからの波動が届いたよ。 “大丈夫 一緒に居るよ” ボクからキミに心の返事 届いたかな? キミが握ってる其のマイク ボクだと思って終了までの時間ガンバッテネ。 *********************************** 18:0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#372【ツインソウル 七夕を前に】

「短冊に記すのは・・・」 そう キミの言う通りだね。 今起こってること・現在の状況 決して芳しくないように見えても 其れは後々から観たら意味のある何かなんだろうね。 だから 今は自分のしたいようにするしかないね。 ボクは自由と光りに向かって生きて行きたい。 それと キミともっと仲良くしたい。 今後は此のふたつを基本目標にします…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#371【キミの瞳に映るもの】

hold communion with twins. 微かな空気中のコミュニケーション そこにあなたがいる限り 幾千の時を超えたメッセージ 歌に託して届けたい あなたのために わたしのために *Little Seraph (AIR COMMUNICATION)より抜粋
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#369【ツインソウルのキミ】

「離れられない」 そうなんだ! 分かったよ キミも行きたいんだね じゃあ 一緒に行こうか 光りの世界 自由の彼方へ 身体は此の世では別々だけど 心は共にアストラル界で一緒に居ようね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#368【自由の世界】

「光りに成る」 『何々だから 何々だ!』って限定された物の見方は好きじゃないね。 ツインソウルはこーだから こーなんだってのも然り。 ボクは そんな枠を打ち破りたいんだ。 でも協力してくれる人が居ないから、 この限定された世界に居てもツマラナイ。 今のところは、、、、、 この世界の封印が解かれて自由の世界に復帰する日が待ち遠し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#358【進むべき方向】

「光りは其処に」 以前からです 思ったこと・考えたことが割りと現実化します。 全部は実現しません・・・さすがには。 人にアドバイスをする時 その人が こうやったらこう成ると予見できます。 だから 其の人がアドバイス通りにすると成功します。 尤も成功すると思った人にしかアドバイスしないので成功確率は高くなります でも100%に成ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三百五十二編 【神様の言葉】

「君の好きにしなさい」 此の世は所詮 作り物(バーチャルな世界)=嘘っこの現実なのだから、 [本当の実体=魂]の夢を観れば好いのだ。 “好きなことをしなさい”と神様が言ったのだから 楽しめば好い。 『此の世でしか出来ない “夢の世界”を満喫しなさい!』 世界には様々な表れが存在している。 ツインソウルさんは 彼女と成っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三百五十一編 【ツインソウル サッカー観よ!】

「俺は仕事中」 0:24/0:27/0:28/0:29/0:32・・・キミからの意識到来。 “えっ? TV観ろって?・・・ああっ サッカーか!” 職場事務所のTVスイッチON NHK総合にチャンネルを合わす。 画面には ベッカム選手の姿が映る。 午前1:00 イングランドvsトバゴ戦か・・・・・、 此れを教えようとしてたんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三百五十編 【自分は光り】

「福は内~鬼は外♪」 簡単に言おうか! 自分は『無限の光り』 自分の内側だけ信じれば良い 外側は嘘っ八 信じる必要なし 随分乱暴に括っちゃったけど 今のボクには此れくらいが丁度良い だってボクは底抜けに「お人よし」だからね 観るもの聴くものに興味深々 だから信じ易い 信じることは悪くないけど 信じるのは自分自身だけで良いって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三百四十九編 【ツインソウル 無限の資質】

「応援ありがとう」 キミの無償の応援 キミの諦めない姿勢 素晴らしいです キミの無限の資質ですね ボクも諦めません  陽気を取り入れ 闇を消し去る イメージ呼吸を実施しました 外は「幻」 外は自分の反映 内が「闇」なら 外は「闇」 内が『光り』なら 外は『光り』 ・・・・・・・そんな当たり前のこと忘れてた。 大事なのは 自分自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三百四十七編 【ツインソウル 内側から】

「癒さなきゃね」 ううううううう、、、、、 『鬱』の発作が始まった。 夜勤通勤 夜のドライブでの出来事。 会社へのクルマ運転 通勤途上の牛久交差点で信号待ち 左の暗がりで若いカップルが御手手繋いでイチャイチャしてるのを見た瞬間 『鬱』のスイッチが入ってしまった。 信号が青に変わり荒れた運転の始まり始まり。 スピードメーターの針が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三百四十五編 【ツインソウル 愛知る】

「ふたり」 魂の源から ふたつの魂が生じました。 ひとつは1960年代の地球 日本の九州に男として生まれました。 ひとつは1970年代の地球 日本の中京に女として生まれました。 物理次元で ふたつは別々の存在に観えます。 ふたつは 別々の人生を歩んでいます。 男はひとり歩みます。 女は大勢の人達に囲まれ幸せな家庭を築き暮ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三百四十四編 【ツインソウル 辛さ乗り越え】

『一里塚』 いま私に起こってる『鬱』。 此の鬱は仕事で行き詰った結果では決してありませんでした。  本当のところは・・・・・、 ツインソウルとの物理的統合と云う表面的な夢が破れたことにより発症した憂鬱なのでした 此の事を認めたくない自分が便宜上誤魔化しで仕事上の鬱と思いたかっただけです。 其れを自分で認めたうえで此の鬱を考えて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三百四十編 【こころに届いたよ】

「あどばいす」 “コッチの世界だからこそ 出来る事があるんだよ” 私が日頃 此の世はツマンナイ 早く終わらないものかと消極的な考えでいるものだから 誰かが痺れを切らしてアドバイスしてくれてるらしい。 言ってることは正解だと思います。 でも 今の私はストレス性「鬱」からのリハビリ中 だから余り考えたくない。 混沌とした状況を秩序…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三百三十五編 【ツインソウル ひっそり】

「深夜のカキコ」 昨日未明 内側から彼女に向かって進んだ・・・・、 『自分がこんな状態なのに外で人様を癒すことが出来るのか?そんな嘘っぱちなんか止めてしまえ!』 と訴え続けながら・・・・、 進んで行くうちに 或る領域に達すると全てが「和」に成った 互いのプラス・マイナスが一つに成った様な淡くて丸い塊。 静かである さっきまでの怒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more